後遺障害等級の認定

Posted on 2017-05-11 By

後遺障害等級はどのように認定されていくのか。まず、被害者またはその主治医が後遺症ありと認識することから始まります。 ここで、後遺症とは何でしょう。後遺症とは症状固定の状態でなおも残る症状を言います。症状固定とは治療を継続してもこれ以上改善が見られない状態のことです。 この状態のとき主治医が診断書を書き、認定の請求をするのですが、これには二つの方法があります。事前認定と被害者請求です。事前認定は加害者加入の任意保険会社が主体となって行うやり方です。任意保険会社が定型の診断書を用意し、それにレントゲン画像など加えて審査機関に送付します。他方、被害者請求では、自分で審査機関に提出するので、診断書やレントゲン画像・MRI画像・CT画像などを自分で集めて提出します。 事前認定は、任意保険会社がすべての手続を行うので、被害者の負担が少ないというメリットがあります。さらに、任意保険会社が自賠責分を含めた保険金を被害者にあらかじめ支払ってくれるということもあります。一括払いと言います。そうした場合、被害者の等級が低ければ自賠責から取り戻す金額も低くなってしまうので、きちんと審査機関に等級認定を請求してくれるようにも思えます。しかし、任意保険会社の支払う保険金額も自賠責保険の後遺障害等級を基準にしています。被害者の等級が大きくなればなるほど支払わなければならない保険金の額が大きくなる関係にあるのです。とすれば、被害者の等級が高くなるのに協力的になるとは思えません。きちんとした等級認定してほしければ、被害者請求をすべきです。個人では難しいので弁護士に相談したほうがいいといえます。